Web Analytics Made Easy - StatCounter

旧帝大生の轍

受験や勉強、日常について綴ります。

コロナワクチンって打つべき?

こんにちは、たてです。

 

緊急事態宣言の期限も近づく、今日この頃ですが、ワクチン接種を行う予定の大学が次々と増えています。

 

東京オリンピックの実施によって、どのような影響が及ぶかは未知数ですが、いよいよ、コロナ禍の終わりも見えてきたかのような気もしてきます。

 

しかし、ワクチンって打つべきなのでしょうか?

通常、ワクチンは、短くても5年以上はかけて開発・製造されるそうです。

 

しかし、ファイザー製の新型コロナワクチンは、コロナ禍が始まってから1年ほどの、2020年の12月に、アメリカ食品医薬品局FDA)に承認されました。

つまり、1年弱で実用化された、超突貫ワクチンです。

 

まさか、こんなに早くできるとは全く思っていませんでしたが、そのスピード故に、安全なのか気になってしまいます。

 

そこで、個人的に、ワクチンを打つメリット・デメリットを考えてみます。

(※あくまで、一大学生の考えです。参考程度にしてください。)

 

 

メリット

・コロナになるリスクが減る

・比較的、自由に行動できるようになる(かもしれない)

・集団免疫の獲得につながる

 の3つが挙げられます。

 

コロナになるリスクが減る

これがワクチンを打つ、最も大きな目的でしょう。

 

現在、日本で接種されている、ファイザー製やモデルナ製のワクチンは90%以上の有効性があるとされています。

 

これは、100人中90人以上はコロナに罹患しないというわけではないのですが、かなり有効が高いのは間違いなさそうです。

 

比較的、自由に行動できるようになる(かもしれない)

これは、今、ワクチンを打ったからと言って、すぐにコロナ前の生活には戻れないので、「(かもしれない)」です。

 

高い有効性を誇るワクチンですが、接種してから効果を発揮するまでに、少し期間が開きます。

 

また、日本が集団免疫を獲得するまでは、感染対策をするべきなのだそうです。

 

しかし、おそらくあちらこちらで「ワクチンを打った人は、~できる」構文を聞くことになるのではないかと思っています。

 

そのため、ワクチンを打っていた方が、比較的、自由な行動を取れるのではないかと考えています。

 

集団免疫の獲得

集団免疫とは、

「人口の一定割合以上の人が免疫を持つと、感染患者が出ても、他の人に感染しにくくなることで、感染症が流行しなくなる状態のことです。」

厚労省のホームページに書いてありました。

集団免疫とは何ですか。|新型コロナワクチンQ&A|厚生労働省 (mhlw.go.jp)

 

つまり、みんながワクチンを打てば、仮にコロナに罹患しても他の人に移さずに済むので、感染は終息に向かうということだと思います。

 

集団免疫の獲得には、できるだけ多くの人がワクチンを接種して、免疫を獲得する必要があります。

 

自分が接種することで、集団免疫の獲得に一歩近づきます。

 

デメリット

・副反応のリスク

・未知の安全性

の2つが挙げられます。

 

副反応のリスク

副反応には

「注射した部分の痛み、疲労、頭痛、筋肉や関節の痛み等がみられることがあります。まれな頻度でアナフィラキシー(急性のアレルギー反応)が発生します。」

厚労省のホームページに書いてありました。

ワクチンの安全性と副反応|新型コロナワクチンQ&A|厚生労働省 (mhlw.go.jp)

 

多少の副反応は、仕方ないですが、アナフィラキシーショックのようなことが起こると、怖いと感じてしまいます、

 

もちろん、接種会場でアナフィラキシーショックが起こっても、十分な処置を受けられるそうです。

 

それでも、ワクチン接種をしなければ起きないことなので、デメリットになるのではないか思います。

 

未知の安全性

ファイザー製やモデルナ製のワクチンはmRNAワクチンは、初めて実用化されたものだそうです。

 

どうしても、たてのような素人は、「初めて」と言われると、安全なのか疑問に思ってしまいます。

 

もちろん、ワクチンは十分に安全性を検査したうえで、認可・使用されています。

 

しかし、もし、何年後かに副作用があると分かると怖いと考えてしまいます。

 

おそらく、大丈夫なのかな、と思っていますが、誰も打ったことのないワクチンなので不安感はあります。

 

まとめ

結局、ワクチンを接種すべきかどうかは、種々の情報を勘案して、各個人が決めなければならないようです。

 

なので、常に情報を収集して、自分で考えていかなければいけないと強く感じています。

 

また、人々の不安を煽るような、情報には惑わされないように、というメディアリテラシーも試されているような気もしてしまいます。

 

参照:ファイザー社のワクチンについて|厚生労働省 (mhlw.go.jp)

   武田/モデルナ社の新型コロナワクチンについて|厚生労働省 (mhlw.go.jp)  

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ

↑よければポチっとお願いします。