Web Analytics Made Easy - StatCounter

旧帝大生の轍

受験や勉強、日常について綴ります。

旧帝大生流 模試の直し方 復習次第で効果は変わる! 国語編

こんにちは、たてです。

 

今回は、模試の直し方 国語編です。

 

 

 

国語模試の特徴

国語の模試は、現代文(論説・小説)・古文・漢文から構成されることが多いです。

 

もちろん、それぞれの読み方は異なっていますが、問題の解き方は思いの外、似ているものもあります。

 

例えば、「この部分はどういうことか、述べなさい」というものは、現代文だけでなく、古文・漢文にもある問い方です。

 

なので、全く異なった3分野というふうには考えられないと思います。

 

復習の仕方

それでは各分野ごとに復習の仕方を書いていきたいと思います。

 

現代文

早速ですが、現代文の復習はしていますか?

 

最も勉強しにくい教科ではないかと思います。

受験生時代も割と多くの人が、「現代文は勉強してもどうしようもないから…」と言っていたような記憶があります。

 

本当に何もしなくても大丈夫なのでしょうか?

 

残念ながら、もちろんそんなことはありません。

ノー勉で点数が取れるほど甘いものではありません。

 

現代文にもいくつかパターンがあります。

(例)「~はどういうことか。」、「~はどのような心情か。」など

模試を使ってそのパターンを把握すれば、少しずつ解答の書き方が分かってくるのではないかと思います。

 

では、どうすればよいのでしょうか?

 

やるべきこと

まず、1度本文を通して読んでみましょう。

 

その際、各段落で何が言いたいのか(各段落の要約)を考えながら読めると、以降の工程がスムーズに進みます。

 

次に、自分の書いた解答と模範解答を比べて、どこが違って、どこが同じかを確認します。(マークの場合は、自分の選んだ選択肢と正解の選択肢を比べましょう。)

 

この時、

・解答に必要な各要素が欠落していないか

・きちんとした文脈でつながっているか

に注意して確認するようににしましょう

※必要な要素がそろっていても、つなぎ言葉が違っていると、意味が変わってしまうので、正解とはなりません。

 

そして、特に模範解答と違っていた部分に注目して、解説を読み、本文中のどこに着目すれば良かったかを確認しましょう。

 

模試レベルの多くの問題は、本文の中で回答に使える箇所を見つけることが出来れば、ある程度正解に近い回答が書けるようにできています。

(入試問題のようなレベルの高い問題では、見つけるだけでなく、言い換えたり、整理するなど高度な技術が求められます。)

 

つまり、いかに解答に使える部分を見つけ出せるかが大きなポイントとなります。

 

その練習として、模試は最適です。

 

なぜなら、解答冊子に考え方が詳細に載っているからです。

大体これを読めば、どのようなプロセスでその場所を選んだのかが分かります。

 

それでも疑問が残るようなら、先生に質問しましょう。

現代文は自分だけで悩んでも、解決することが難しい科目だと思います。

 

このように、じっくりと問いに対する解答の仕方を考え、覚えていき、パターンを把握することこそが現代文攻略のポイントだと思います。

 

 古文

古文は現代文というよりかは、英語の勉強法に近いものがあります。

 

古文は単語や熟語をいかに知っているかということがかなり大切です。

逆に、単語や熟語をマスターしていれば、ある程度は問題が解けてしまいます。

 

そこに加えて、古典常識や和歌の解釈などが求められると思います。

 

やるべきこと

まず、解答冊子の現代語訳を一読しましょう。

 

古文は主語が省略されることも多いので、ここで発言・行動の主語しっかりと確認しておきましょう。

 

次に、本文中に出てきた、知らない単語や文法(助動詞の用法など)をルーズリーフにまとめましょう。

単語が分からないと、文章を読むことは難しいです。単語・熟語力を付けることが読解の基礎となります。

 

また、この際、本文中に出てきた古典常識(宮中のことや仏教のこと)も書き留めておきましょう。

 

古典常識は知らないとどうしようもありませんし、知っていると古文読解に大きく役立ちます。

模試のたびにどんどん知識を増やしていきましょう。

 

そして、本文を読んでいきます。

 

基本的に、全文訳すつもりで読みましょう。

 

古文は現代語訳してしまえば、簡単に解ける問題があります。

(現代語訳しても非常に難解なものもありますが)

 

なので、きれいに現代語訳することを目標に読んでみると良いでしょう。

 

なお、和歌については、たくさん触れて慣れることが、良いと思います。

和歌は一朝一夕で急に出来るようにはならないので、解説をよく読んで、少しずつ慣れていきましょう。

 

漢文

漢文も英語の勉強法に近いです。

※そもそも、漢文は外国語の文章を、日本人が読めるように書き下したものです。

 

古文と同様、単語や構文をマスターしていれば、ある程度は問題が解けてしまいます。

 

さらに、古文よりも論理的で分かりやすい文章が多いので、漢文は、ぜひ得点源にしていただきたいです。

 

やるべきこと

まず、解答冊子の現代語訳(と書き下し文)を一読しましょう。

 

次に、本文中に出てきた、知らない単語や文法(構文など)をルーズリーフにまとめましょう。

単語・構文が分からないと、文章を読むことは難しいです。単語・文法力を付けることが読解の基礎となります。

 

そして、本文を読みます。

 

こちらも、すべて訳すつもりで読みましょう。

 

漢文は現代語訳さえ出来れば、(古文と比べて)簡単に解ける問題がかなり多いです。

 

なので、単語・文法を、手抜きせずにきちんと固めましょう。

 

また、漢文では孔子のような諸子百家の話や歴史の話がよくあります。

そのような知識もつけておくと、読解に役立ちます。

 

まとめ

国語は以上の方法で大体復習できると思います。

 

・現代文はパターンをつかむ

・古典は単語・文法をマスターする

ことが成績向上のために最も必要な事だと思います。

 

これらをしっかりと行ったうえで、さらにレベルの高い問題に挑めるように頑張りましょう。

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ

↑よければポチっとお願いします。