Web Analytics Made Easy - StatCounter

旧帝大生の轍

受験や勉強、日常について綴ります。

大学生とワクチンについて

こんにちは、たてです。

 

6月になりましたが、結局、

北海道、東京、愛知、京都、大阪、兵庫、岡山、広島、福岡

で緊急事態宣言が延長されてしまいました。

 

七帝大の中で、東北大学以外のすべての大学が宣言下の地域に存在します。

 

ゴールデンウィークの短期集中の名目で出された宣言も、すでに1か月を超え、いつまで続くのやら少し疲れてきた感じさえあります。

 

このような状況ではいつまでたっても大学に行けそうにありません。

(前記事に書いたように、オンライン授業に不満こそありませんが、いつまでたってもキャンパスに行けないようでは、大学生の名が廃ってしまいそうです。)

 

このような状況を打破できるのは、やはりワクチンではないでしょうか?

本当にワクチンに効果があるのかどうかは、分かりませんが、蔓延防止等重点措置や緊急事態宣言の効果が薄れてきている現状では、ワクチンを頼るしかありません。

 

しかし、ワクチンは高齢者優先で接種が開始され、さらに自治体間での接種のスピードが問題になっています。

 

大学生に順番が回ってくるのはいつになるのでしょうか?

高齢者は重症化するリスクが高く、優先的にワクチン接種をして、死亡者や重傷者を減らすということと、

若者は感染拡大の原因と言われるので、そこをワクチン接種させて、感染の温床を減らすということを、

秤にかけた結果かどうかは分かりませんが、高齢者に優先接種をするという方針が採られています。(もしかしたら、選挙対策かも?)

 

 この方針は間違っていないと思います。

 

重傷者病床を空けることが出来れば、医療に余裕が出来、結果として感染終息の方向に向かっていくことにつながるからです。

 

そんなことを考えながら、「夏休み明けくらいには打てるかな?」などと思っていたところ、

大学や企業での接種を行う準備をするという報道がなされました。

 

大学生にとって、まさかのウルトラCです。

 

これは思いのほか早く打てるかもしれません。

 

さらに、先行接種を調整する7つの国公立大学が発表されました。

 

てっきり、旧帝大(七帝)かと思ってしまいましたが、そうではありませんでした。

 

先行接種が調整されているのは、

の7大学だそうです。

 

様々な事情があるので仕方ないとは思いますが、大学生に先行接種が行われるのは本当に喜ばしいことだと思います。

 

このまま、この勢いで各地の大学で優先接種が加速して、大学生が元の生活に戻れるようにしていただきたいものです。

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ

↑よければポチっとお願いします。