Web Analytics Made Easy - StatCounter

旧帝大生の轍

受験や勉強、日常について綴ります。

旧帝大生流 模試の直し方 復習次第で効果は変わる! (2)

こんにちは、たてです。

 

前回に引き続き、模試について書いていきたいと思います。

 

今回は、受験生時代にやって良かった方法を中心に書いていきたいと思います。

 

 

復習の目的

前回の記事に書いたように、

復習は苦手な問題を理解することが目的です。

 

もちろん、復習をした時だけ、できたつもりになってはいけません。

 

「一度間違えた問題は、二度と間違えないようにする」くらいの気持ちで取り組まなければなりません。

(、と高校の先生がよくおっしゃってました。)

 

そのようにして、どんどん苦手を潰していけたなら、受験で勝利を収められる可能性がとても高くなると思います。

 

復習の仕方

 受験生時代に、いくつかの勉強法をやってみたことがあります。

 

ここでは、その中でやってよかったと思うものを、2つ紹介します。

 

自己採点の時、問題に印をつける

これは模試の復習での勉強効率を上げることに大きく貢献します。

 

模試が終わったらすぐ(できればその日のうちに)自己採点をすると思います。

 

その時に、〇と✖以外に、

答えは合っていても、解き方に自信がない問題や、たまたま当たってしまった問題△を付けるというものです。

 

多くの人は、自分が間違えた問題しか直しをしないと思います。

 

そのような人に1つ質問をします。

解き方に自信がない問題やたま?たま当たってしまった問題が、もう一度出題された場合、確実に正解できますか?

恐らく、答えは「できない」でしょう。

当たり前と言えば当たり前ですが、普通に直しをするだけではそのような問題を見逃してしまうのです。

 

なので、そのような問題に△をつけて、✖の問題と同じように復習することで、1つの模試から得られる知識は倍増します。(もしかすると、倍以上になるかもしれません。)

 

特に、マーク試験では、勘で解答したものが正解していたということも多くあると思うので、この△法は有効だと思います。

 

直しはルーズリーフにする

模試の直しは、どこにしていますか?

 

多くの人は「直しノート」にいているのではないでしょうか。

 

実際、インターネットで検索してみると『模試の直しノートの作り方』という記事が多く見られます。

 

しかし、たては、ノートよりルーズリーフ推しです。

 

受験生時代は、模試のルーズリーフを百均のリングファイルにまとめて、常に持ち歩いていました。それくらい、ルーズリーフ派です。

 

ルーズリーフにはノートにはないメリットがあるからです。

 

・枚数に限界がない

・自由に順番を入れ替えられる

・複数の教科を1度に持ち運べる

 1つずつ解説していきます。

 

枚数に限界がない

考えてみれば当たり前ですが、ルーズリーフは書いても最後のページが来ません。

 

新しいルーズリーフを用意すればいくらでも付け加えられます。

 

つまり、過去の模試の直しをためて、常に復習できます。

 

人間は一度、直しをして覚えたつもりになっても、時間が経てば忘れてしまいます。

 

しかし、繰り返し復習をすることで、忘却を遅くさせることが出来ます。

(詳しくは、「忘却曲線」で検索してみると面白いですよ。)

 

ファイルにルーズリーフを綴じていき、頻繁に見直すことで完全に記憶することが出来ます。

 

自由に順番を入れ替えられる

これもノートではできない大きなメリットです。

 

教科ごとや単元ごとに簡単にまとめられます。

 

例えば、5月の模試の直しと6月の模試の直しがあった時に、模試ごとに直しをするのではなく、

教科ごとに分割して、並べられるのです。

(例)

ノート:5月国語→5月数学→5月英語→6月国語→6月数学→6月英

ルーズ:5月国語→6月国語、5月数学→6月数学、5月英語→6月英

 

模試を受けた順番に関わらず、自分の見やすいように並べられることで学習効率も上がるでしょう。

 

複数の教科を1度に持ち運べる

ノートに直しをすると、教科ごとに複数のノートができてしまいます。

(いわゆる、「なんでもノート」は非常に勉強しにくいです。)

 

これでは、重くてとても持ち運ぶ気になりません。

 

しかし、ルーズリーフは、ノートと同じ枚数でもかなり軽く、

過去の模試の、複数の教科の直しを持ち運べます。

 

これさえもっていれば、大抵の試験には対応できる、究極の勉強ツールを作ることが出来ます。

 

 

このようにルーズリーフは、ノートのような書きやすさを持ちながら、管理のしやすさも持ち合わせている便利な道具です。

 

うまくこれらを使うことが出来れば、模試を最大効率で復習できるかもしれません。

 

まとめ

今回は、たてがやって良かった模試の復習法を紹介しました。

 

模試の復習にもやはり効率が必要です。

闇雲に勉強しても成果は少ないです。

 

△をつけて、復習する問題を意識的に増やしたり、ルーズリーフで模試の復習を効率的に管理して、1つの模試からできるだけ多くのことを学習することが大切です。

 

ぜひ、以上の方法を実践して、より多くのことを覚えましょう。

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ

↑よければポチっとお願いします。