Web Analytics Made Easy - StatCounter

旧帝大生の轍

受験や勉強、日常について綴ります。

大学入試への日程は? 大学受験の勉強、何をすればいい?

こんにちは、たてです。

 

突然ですが、大学入試がいつ行われるか知っていますか?

大学入試と一言にいっても、様々なことがいろいろな時期にあります。

 

よくあるのが

「まだ時間があると思ってた…」

というパターンです。

 

そんなふうにならないためにも、今回は、入試に向けて必ず知っておくべきスケジュールについて、自分の経験ももとにしてお伝えしようと思います

 

 

スケジュール

一般入試の大まかな流れはこんな感じです。

 

  ~3月:授業内容の復習

~受験生~

 4月~6月:受験生になる

 7月~8月:苦手分野をなくす

 9月~10月:模試ラッシュ

 11月~1月:冠模試・共通テスト対策

 1月~2月:国公立前期試験対策・私立一般入試対策

    3月:国公立前期合格発表・国公私立中期・後期対策

 

こんな感じで、詰め放題状態です。

そして、ここに模試や推薦・AO入試が入ります。

 

大学入試は体力勝負の面があります。

 

詳しく解説していきます。

 

受験生になるまで

大事なことは授業に遅れずについていくことです。

授業にちゃんとついていけていれば、受験生になった時の負担がかなり少なく済みます。

 

やること

・1週間のうちにやったことは、その週のうちに復習する。

定期テストは遅くとも1週間前から勉強する。

・長期休みの際に、苦手をなくす。

くらいをやっていれば、まず問題ありません。

(そう言っておきながら、現役の時はできてませんでしたが…)

 

後は、部活や友達と全力で遊んでおくことです。

受験生は実質、高校生ではない状態(ほぼ遊べない)になります。

必ず、受験生になってから、「もっと遊んでおけば…」と思うことがあるので、躊躇なく高校生活を謳歌しておいてください。

 

受験生 春

先に言っておきますが、残念ながら受験生になったからと言って、勝手に勉強し始めることはありません。ここまでに、いかに学習習慣を身に着けておくかが今後の受験のカギを握ることになります。

 

この時期は、早い部活は引退し始め、受験ムードが漂い始めるころです。

一方で、(公立高校の場合)授業は、すべて終わっていないものもあるという時期です。

 

やること

・主教科の勉強をする。

 

主教科は、比較的早めにカリキュラムの終わるが、すぐには上達しないからです。

 

具体的には、簡単な長文問題や英作文、青チャートなどです。

 

受験生 夏

ほぼすべての部活が引退し、本格的に受験期に突入する夏。

やはり、夏休みの使い方が受験の命運を左右します。

 

やること

・苦手を確実に(ほぼ)すべてなくす。

・理科・社会の復習を始める。

・主教科は入試レベルの問題を解き始める。

(結果的に、少なくとも10時間くらいは勉強することになります。)

 

苦手教科を放置して、夏休みを終えると爆死します。死ぬ気で苦手から脱却しましょう。

具体的には、分からないところを質問したり、ひたすら反復演習するのが良いと思います。苦しい時間ですが耐えるしかありません。

 

理科・社会もそろそろ始めないと、共通テスト前に切羽詰まります。

具体的には、教科書を読んだり、ワークを周回して、基本事項を徹底的に復習するのが良いかと思います。

 

主教科は入試レベルの問題を解き始めましょう。

最初はなかなか解けませんが秋・冬には解けるようになり始めるので諦めてはいけません。

 

受験生 9月~10月

夏休みが終わったら、毎週末のように何らかの模試が入ります。

 

夏休みに十分勉強できていなければ、ここでボロが出てしまいます。また、毎週末が模試に、平日が模試の復習に消えてしまので、自分の勉強はほぼできません。

 

ここが大学入試でも有数の体力勝負スポットです。

 

やること

・模試の勉強・復習

・睡眠時間の死守

 

毎週のように模試はありますが、これだけは絶対にしましょう。復習をしないと模試を受ける意味がまったくと言っていいほど、なくなってしまいます。

具体的には、各教科ごとに間違えたところをまとめていくと、後々使いやすいです。

 

これは意外かもしれませんが、有数の体力勝負スポットだけあって、体調を崩す人がでてきます。睡眠時間さえ死守できていれば、そのリスクは大いに減らせるものと思います。

 

受験生 11月~共通テスト

多くの模試が終わり、冠模試(大学別の模試)があるころです。冠模試が終わったら、共通テストの勉強に全振りしても良いと思います。(たても全振りしてました。)

 

共通テストで失敗すると、二次試験を受けることなく、志望校を諦めなければならなくなってしまいます。何としても、目標点を狙いに行きましょう。

 

やること

・冠模試を本番同様の気持ちで受ける

・共通テストの勉強だけをする

 

冠模試の結果は割と受験結果に信憑性があるものなので頑張りましょう。「今こそ本番!」くらいの気持ちで挑みましょう。

因みに、旧帝大はいくつかの塾が模試を行っていますが、必ず二つ以上受けましょう。一方では D 判定、他方では B 判定ということがありました。(実体験)

結果は、良いほうだけ信じましょう。

 

冠模試が終わったら、いくら先生方が12月からでも間に合うとおっしゃっても無視して共通テストの勉強しましょう。共通テストをなめていると、もう1年おかわりすることにつながってしまいます。また、配点が低い教科も軽視していると、その点数に涙することになるかもしれません。

 

具体的には、センター試験の過去問を5年以上はやりましょう。できれば、15年ほどやっておきたいです。暗記科目に関しては、過去問に加え、教科書や模試の直しを周回して頭に叩き込みましょう。

※共通テスト対策にセンター試験の過去問をするのは有効だと思います。共通テストに関しても、後々書きたいと思っています。

 

受験生 受験本番期

共通テストが終わったら、自己採点を必ずしましょう。そして、その点にしたがって、最終的に受験する大学を確定させましょう。

 

どんな結果であれ、すぐに国公立の二次試験(前期)や私立大学の対策を行いましょう。

 

やること

・共通テストの自己採点

・二次・併願校に向けての勉強

 

二次試験に向けての勉強は、赤本を使いましょう。(逆に言うと、ここまでは他の物を使い、受験校の最新版赤本は温存しておいた方が良いと思います。)

 

英語や国語、社会については必ず、先生に添削していただきましょう。自分で添削しても合格答案には近づけません。第三者有識者の目で見ていただくことが大切です。

 

この時期はメンタルが辛くなることがあるかもしれませんが、自分の合格を信じて、最後までやり抜きましょう。

 

合格発表後、残念な結果に終わってしまった場合でも、国公立の中期・後期試験や私立の後期募集がありますので、そこまで事前に計画を立てておきましょう。

 

まとめ

今、読んでいただいたように、受験生は忙しく、一瞬のうちに受験直前になっていしまいます。先にスケジュールを把握しておくことで、とても計画が立てやすくなります。皆さんも、できるだけはやく自分のスケジュールを把握して、一足早くスタートを切りましょう!

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ

↑よければポチっとお願いします。